「黄瀬戸」は桃山時代の焼き物です。

灰を原料にした黄色い釉色にクシで模様を入れ、アクセントに銅で緑色をさしています。

形は整っていて、優しい雰囲気。

器の表面が少しざらっとしている「あぶらげ手」が上物とされています。

前回の「織部焼き」に続き美濃焼きシリーズとして作りました。

(作者は シバタさん、H・Sさん)


      記事:陶芸しみず春日工房


コメント
コメントする